外国人技能実習制度
外国人技能実習制度とは
外国人技能実習制度は、日本の企業が外国の若者を技能実習生として受け入れ、実務を通じて技術を体得する制度です。
一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、弊所のような一次受入れ機関を通じて技能実習生を受け入れる事が出来ます。
受入企業の技術・技能を技能実習生に習得させる事により人材づくりを通じて国際貢献をすることを目的とした国の制度です。

和泉商工会議所では、現在ベトナム人の技能研修生を受け入れております。

受入企業要件

対象業務
技能実習移行対象職種・作業に該当し、修得しようとする技術・技能等が同一作業の反復(単純作業)のみによって修得できるものではない業務。

滞在期間
技能実習生は技能実習1号と2号合わせて通算3年以内。

受入人数
原則として、受入企業の常勤職員20名につき技能実習生1名の受入が可能です。ただし和泉商工会議所を通じての受入れは受入れ可能な人数枠が次のように緩和されます。

受入企業の常勤職員数 技能実習生の受入人数枠
301人以上 常勤職員の20分の1
201~300人 15人以内
101~200人 10人以内
51~100人 6人以内
50人以下 3人以内

(一年間で受け入れ可能な人数ですので、三年間で最大三倍の受け入れが可能になります。)

その他
・入国管理法や労働基準法を遵守する事
・研修生の住まいを提供できる事
・研修生の面接に現地に赴く必要があります
・受け入れには、研修生に支払う賃金の他手数料等の必要経費が掛かってまいりますので詳しくは事務局までお尋ね下さい。

技能実習生を受け入れすることで
職場の活性化になります
真面目で勤勉なベトナム人研修生の存在は「職場が明るくなり活性化」されます。
また、技能実習生に教えることで「社員自身が勉強」をし、他の社員にも良い刺激になります。

国際感覚が身に付きます
外国人と余り接することの無かった社員が、外国人と一緒に仕事をする事で国際感覚が身に付き少子高齢化で労働人口が減少していく中、外国人との共存共栄が必要となりグローバル化が進みます。

国際貢献ができます
発展途上の海外に日本の優れた技術が紹介できると同時に研修生に習得させ、自国での技術の向上に役に立つ事ができます。民間レベルの企業から友好を深め国際貢献の一翼を担います